会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

Rcouture033S「 genuine六義小石丸  信玄袋 クラブストライプ*ガーズストライプ」

GoldenClassic



我儘放題
 RAdvancedCouture
no. 33
Bespoke

Bags

特製
  Genuine 六義小石丸
信玄袋
リヴァーシブル 


R




其の疾きこと風の如く
其の徐(しず)かなること林の如く
侵し掠めること火の如く
知りがたきこと陰の如く
動かざること山の如く
動くこと雷霆(らいてい)の如し




R


日本人だけがとくに「リーダーシップ」に拘っているのか、

或いは世界中が次世代へむけての「リーダー」というのに飢えているのか、


昔々、東京に戻ってきてちょっと不可思議だったのは「日本の経営者向け」のビジネス雑誌が戦国時代の武将たちを半ば強引ともいえる分析で「魅力的な経営リーダー像」として毎月のように特集していたことだった、イヤに「リーダー」というのに拘るんだなぁ、 

「歴史の流れのなかで現時点を捉える」というのはジャーナリズムや批評の基本姿勢ではあるけれど、

なんでもかんでも「現代の経営術」に引き寄せて「リーダーシップ」を捏造するというのは如何なものだろう、


史実の不確かな「過去の偉人」にさえ頼るのは、とくに平成になってからというもの日本人は一種の「リーダー幻想」に陥っているからだと思う、


けれど、その見失った「誰もが納得できるリーダー」というのはこういう高度に感情と仕組みが重層化した社会には生まれてこないだろう、


多分、日本人が「リーダー」に求めている要素は「子供っぽい」のだと思う、
現代のリーダーとは「ヒエラルキー」の頂点ではなく、現場のネットワークのなかに存在している、

商品名 : Rcouture033S「 genuine六義小石丸  信玄袋 クラブストライプ*ガーズストライプ」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 34,560円 (税込 2,560円)

ポイント : 1

数量 :

日本の経営者が好むリーダー像のひとつに「武田信玄」がいる、

信玄はなるほど好まれそうな「長男タイプ」のリーダーだ、信長の「革新性」に対して、信玄公は甲斐という国に根差した治世術に長けた武将であった、

信玄公は「信玄堤」と呼ばれる強固な堤防(約400年後の今でも充分役にたっているらしい、)をはじめ治山、治水、交通整備に努め、家政においては団結を尊んだ、

武田家の戦略、戦術を記したロマンチックな軍学書「甲陽軍鑑」や、映画「影武者」で知られる家訓に従って3年の間その死を秘匿したというミステリアスな行動もその人気を支えている要素に違いない、

私が気に入っているのは、
信玄家訓九十九条教訓に残された次の戒めである、
曰く、、

「行儀の悪い人に近づいてはイケナイ、」

「よく『切れる刀』を持て、鈍刀を携えてはイケナイ、鈍刀では骨まで切ることはできない、」(一太刀で骨まで切り終えることが肝要なのだ、)

はたして「信玄袋」と武田信玄公の間に何らかの関係があったのかどうかは諸説があって定かではないが、

「合切袋」とも呼ばれるコレは男の「鞄」としてはなかなか潔くて好ましい、

今回は六義小石丸の青紫と銀鼠の「クラブストライプ」と「ガーズストライプ」の「リヴァーシブル」(丁寧に中閉じされている、)仕上げという21世紀の贅沢ヴァージョン、

そして、この「クラブストライプ」は「防水加工」してある、

信玄袋を結ぶ紐も「六義小石丸クラブストライプ」をリボン状に二重に縫い合わせ、良いビスポークシューズが全て革で出来ているようにこれも全てが小石丸の絹で出来上がっている、

すなわちコレは「良い絹のかたまり」そのものでふくよかに仕立てられ、触っているだけで気持ち良くなる、

そう幸せになる「ビスポーク」だ、

サイズ: 縦 約33センチ(紐通しを含んだ長さです、)
横幅約22センチ

「六義小石丸」

既に六義小石丸のタイを手に入れて結ばれたメンバーは実感なさっていると思いますが、六義小石丸は独特の質感をもっています、密に織られてしっかりしているが柔らかい、、、それは良い「絹」そのものです、

大概のシルクはこれだけの高密度で織れば、バリバリとしたものになりがちですが、

この「六義小石丸」は、SulkaSilk以上の密度に織りこんでいますが、やはり「小石丸」の糸の良さがしなやかな柔らかさを生み、独特の「光沢」をも生みだしています、

現在のシルクは、大抵、「整理加工」の工程で、織る過程で生まれた表面の凸凹を均して「綺麗に」します、こうすると「高そう」にも見えます、

あえてこの行き過ぎた「整理・加工」をせず、織りあげられた自然の風合いを大切にしました、かなりの高密度で織りこんだ絹だからこそ「整理・加工」など余計だとも思いました、

小石丸は確かに素晴らしい糸で、これは優れていると私は思います、

ただ、研究熱心な職人さんに出会ったことが、とても大きいと私は実感しています、


記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階