会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

RyuichiSebirow005S「 bespoke ブラックトレンチ 」

GoldenClassic


RyuichiSebirow
bespoke
BlackTrench

no. 5

「装いの美学ということ」

specialwoven 
1960`s  vintage waterresistanced
silk&cotton


簡単に云えば、私が「ハードボイルド」(何とも時代遅れな呼び方だが)映画に魅かれるのは、何より主人公たちが独自のスタイルを持っているからだ、

このタフな世の中、「スタイル」を貫き通すには面倒なことが多い、
その「面倒」と「スタイル」とか「美学」の闘いが「ハードボイルド映画」の骨格だ、

大概の場合、主人公は何かを「きっかけ」として「どこかへ」歩き出す、
その「行きつく先」に何かを予想しているわけでもなく、「きっかけ」も偶然であったり巻き込まれたりしたもので主人公の望んだ意志ではない、

そして、結局のところその途上で主人公は「許し難い」ことに出会うのだ、、、


「Ryuichi Sebirow」のニューリリースはマイケル・ケインが「Get Carter」で肌の一部のように着こんでいた「ブラックトレンチ」、男の美学がこめられています、

この「ブラックトレンチ」はアトリエ地下の「レッドルーム」自慢の1960年代のヴィンテージブラックバーバリーであくまでスタイリッシュに仕立てます、
このヴィンテージバーバリーは後加工などではなく、良い時代の丁寧な糸づくりと信じがたいほどの高密度の織りによって完璧に水滴を弾く優れた「シルク&コットン」です、これもまた、いまのバーバリーとかが忘れ果てた「スタイルがある素材」といえるでしょう、

商品名 : RyuichiSebirow005S「 bespoke ブラックトレンチ 」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 307,800円 (税込 22,800円)

ポイント : 1

数量 :

「ハードボイルド」映画の系譜は多分、「マルタの鷹」のハンフリー・ボガードあたりから始まるんだろう、

「カサブランカ」を経て「大いなる眠り」で人生の総てをニヒルに割り切った「色悪」がイングリッド・バーグマンとかに形を借りた宝石のような「純粋さ」に出会って青臭いと自己侮蔑しながらも結局は信念に向かって歩き出すという「ボガートのスタイル」がほぼ完璧に完成される、

いったい、いま何人の男が自分のスタイルに反する「許し難い」ことをそもそも規定できて、頑なに「スタイル」を守り通そうとするだろう、


「ハードボイルド映画」ほどマニアからストイックな評価を受けるカテゴリーはない、大概のマニアの視線は「アレも駄目、これも駄目」という地平で成り立っている、なにしろ「スタイル」を扱う映画なのだからそれも仕方がなかろう、マニアはそこに矜持をもった男の理想の生き方をみつけようとしているのだから、

1964年の職人監督ドン・シーゲルの「殺人者たち」に始まり、「ポイント・ブランク」(1967年、ジョン・プアマン)、「ブラックエース」(1972年、M・ケリー)という「傑作」で、
奇蹟的にも立て続けにマニアを唸らせた「殺し屋リー・マーヴィン」の幸と不幸は、
既に「ロマンチックなハリウッド製の暗黒街」は失く、かわって古新聞が風に舞う「荒(すさ)んだ」場末のストリップ小屋とか敵対相手のチンピラをウインナーソーセージーに加工してしまう肉工場とかと云うざらざらとした「映画的リアル」のなかで拳銃を構え、己の「行動」を規定しなければならないことにあった、

結局、ボガートと違って、マーヴィンが演じる主人公は「俺の真実」、「俺の義理」にひた走る過程で一匹狼にならざるを得なくなる、複雑に入り組んだ利害と剥き出しの欲望、組織はあてにならない、女は裏切った、、、主人公は己を浄化するために誇り高き「孤独」を選んでいく、

「殺し屋」は寡黙だ、この猥雑な世の中で「スタイル」を保つためには少しぐらいの「孤独」という名の「拒絶」は行使しなければならない、


マイケル・ケインの目はいつも「据わって」いる、
1960年代から1970年代に(税金逃れのためにアメリカに移住する以前)スクリーンで見せたタフな「動き」と躊躇のない暴力性はどう考えてみてもケインの生い立ちが関係している、

実は裕福な外科医の息子であるボガートや、いかつい体躯に似合わず、広告会社の重役の父親とファッション雑誌のライターだった母親のもとに生まれヴァイオリンを学んでいたというマーヴィンとは明らかに前半生の意味が違う、ケインは自分を信じてタフに這い上がってきたのだ、







今回はあくまでスタイリッシュな「ブラックトレンチ」、(ただし、D管を含めデイテイールはいまのものよりクラシックです、)

素材は優れて唯一無二の1960年代に織られたヴィンテージバーバリー 「シルク&コットン」です、
今では考えられないほどの高密度の織りで、なおかつしなやかです、


新テーラリングチームによるビスポーク仕立て、
(何回かの仮縫い、ライニング、ボタンについてはご相談いたしましょう、ビスポークは感性を解放することです、いっぱい愉しんで幸せになりましょう、)



記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.






Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階