会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

RyuichiSebirow006S「私家版 絹のような麻のスカーフ フェラーリRED」

GoldenClassic


RyuichiSebirow
bespoke
ClassicScarves

no. 5


「絹のような麻のスカーフ」

フェラーリ Red




英国の小説家、ネヴィル・シュートの作品をこのところ読み返している、

シュートといえば放射能汚染による人類滅亡の過程を描いた「渚にて」が有名で、時節がらそれを思いだして書棚に作品を探したのだが、遠い昔の読書の記録は山積みされ、積み重なって最初にとりだせたのは「バイドパイパー」だった、

この原題はお察しのとおり「ハメルーンの笛吹き」に借りている、そのこと自体がこの知的で大胆な作家の戦略で、中世の「寓話」を読者に思い出させながら洗練されたスリリングな現代のシュチュエーションの物語へと導くその「語り口」が見事で洒落ている、


「装い」の着こなしにも「語り口」というのがあると思う、

タウンスーツは誰がどう云おうと「完璧に着こなす」のが本流であるが、カジュアルとかリゾートなどの「スポーツスタイル」はそのヒト固有の味のある「着こなし=洒落た語り口」があって良い、いやあるべきだと思う、



今回は「語り口」という「アイテム」である、


商品名 : RyuichiSebirow006S「私家版 絹のような麻のスカーフ フェラーリRED」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 34,560円 (税込 2,560円)

ポイント : 1

数量 :

ショッピングカートに入れる

今回の「語り口=着こなすためのアイテム」は、「ロングスカーフ」です、


せっかくだからRyuichiSebirowのノーライニングのシャツジャケットに合わせる「気軽でいつも使えるスカーフ」を考えてみました、


素材は、ジャケットのコンストラクションからも、シリアスな「布」よりは「ニットジャージ」のスカーフが新鮮で使いやすく面白いと思います、

それも着こなし方がいろいろに考えられる「ロングスカーフ」が良い、

そういうことを考えれば素材は、あの「絹のような光沢と手触りの麻」ニットが良でしょう、それも「フェラーリレッド」が欲しい、

その艶やかさからかえって何にでも合わせやすく、何よりカッコ良い、潔い華やかさがあります、


そして、
この純粋に選りすぐった良い糸だけで織られたシルクジョーゼットのように滑らかな麻の特別な「上質」が、

華やかさだけでなく品の良さを「装い」に与えます、これが大事です、


*画像をクリックすると大きくなります、

織りの工夫で雲霞のように濃淡をみせるこのリネンは糸が非常に良く、少しもざらついたところがありません、


多分、スイスの紡績技術の黄金期に紡がれ織られたのでしょう、独特の「光沢」をもっていて、それを「絹のような光沢」と云いたいけれど実はもう少し滋味深いもので、やはり特別な素材だと思います、いわば「未次元」の麻布、

そして肌触りがすこぶる気持ち良い、



こうして2メートル余りのロングスカーフに仕立てると、そうした布の力がより現れてきますね、


通常のスカーフよりも、「落ち感」が素晴らしく綺麗なドレープを見せて、装いに洗練された柔らかさを与えます、


このスカーフの良さは、スカーフをすることによって「着なれた」洗練さを生みだすことにあると思います、



*画像をクリックすると大きくなります、

スカーフというアイテムは不思議で面白い、

「巻き方」でいろんな表情をみせます、

このClassicHaberdasherの研究ノートや、或いはアトリエにお越しになったメンバーには直接「さまざまな巻き方」をご紹介していますが、


ポイントは、ふっくらと立体的に巻くことです、布は襞をつくればつくるほど美しい、襞というのは美しく、味のあるものなのです、

着こなしとは美しい襞をつくることと置き換えることさえできます、


スカーフの妙味は、グルグルとあるいはサラリと巻くことによって装いを「いや昔からこういう格好で」という風に着なれているものに割と容易に転換できるところにあります、


また、スカーフを巻くことによって普段の装いも千変万化に新鮮にみせることもできます、

できれば良いとっておきの布でスカーフをつくりたいですね、



サイズ:長さ約2メートル10センチ
    横幅約18センチ


*画像をクリックすると大きくなります、





記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階