会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

KnittingMill006S「Classic Hoodie ホールガーメント 7th Tuning 六義カモ」

GoldenClassic

六義
OLD
Knitting Mill
No.6
7th tuning
Whole Garment
ClassicHoodie
六義カモ

R

 7th Tuning(カスタマイズ)ヴァージョン」のニューリリースは「六義 カモ(フラージュ)Gibson ES-175ギター パッチ」を飾ったクラシックフーデイです、


★R★

 


アトリエを開いてからきょうまで「六義小石丸」や「超高密度ホワイトカシミア」、「super150`s キャバルリーツイル」など私家版素材を我儘放題、思うがままに織ってきました、

中には現場の職人さんさえ訝るような「常識はずれ」もあったようです、


しかし私は「子供じみた欲望」から生まれた「思いつき」こそが「宝石」だと思っています、それに躊躇せず即座に従うことが「金(ゴールド)」だと経験から知っています、


商品名 : KnittingMill006S「Classic Hoodie ホールガーメント 7th Tuning 六義カモ」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 31,320円 (税込 2,320円)

ポイント : 1

数量 :



★R★


昨年書斎で深夜ふと「21世紀素材」というのを考えてみようと「思いつき」ました、

それは「新しいクラシック素材」であるべきだと考えつくと、いくつかの愉しげなアプローチのアイデイアが浮かんできました、

そのなかのひとつがこの「六義カモ(フラージュ)」で、

以前製作した「ゴールデンハーヴェストのモールスキン」と同じく、繊維の長いピュアな綿糸だけを選び密に織りあげてあります、こういう素材でこの極上の質は稀で、このカシミアのようなしっとりとした肌触りには驚かれると思います、カモなのに、、、

「六義カモ」は表面にモールスキンと同じように短い毛足をつくってあり、いわば「カモモールスキン」と云えるもので、特筆すべきは織りを工夫して「ナチュラルストレッチ」の工夫をしてあることです、

つまり、これは動きにあわせて「ストレッチ」するのです、カモなのに、、、

何故「カモ(フラージュ)」なのかと問われても、カモのカッコ良いものが欲しかったと子供じみた答えしかできません、でも「欲し」かった、極上の質で色彩コントロールがシックで美しいのがあるとカッコ良いなあと、、、

このカモでワークパンツやフーデイやランバーシャツをビスポークしてもカッコ良い、「21世紀素材」というのはヒトを動かしていったり、気持ち良いとか五感に素直なものを今までにないテクニックで実現すべきだと思います、

★R★


今回の「7th Tuning」は、ちょっと少年っぽくてカッコ良い、しかし製作現場はまさにクチュール作業そのもの、

ギブソン ES175を模したパッチワークは、私が手描きで型紙を描き、それをもとに職人さんが「六義カモ」をハンドカット、ハンドソーン、手縫いを行うという「かなりな」手間と熱意をかけています、

パッチの周りの刺繍糸の補強だけで大変な手間がかかりました、


★R★


「ホールガーメント」のニットは全く継ぎ目のない「立体」として編み込まれます、

いっさい継ぎ目のない「立体」は空気を纏うかのように、着ている感覚を忘れさせてくれます、

かなりハイアームホールにしてありますから、そのままスポーツコートを羽織っても中でモコモコすることなく綺麗にフィットします、

袖つけなども立体としてのフィット感を計算したデーターづくりに苦心しましたから、この着心地は忘れられないと少し自負しています、

★R★


サイズは既製サイズの概念をとっていません、「六義サイズ」のミデイアムフィッテイングです、

素材は、ClassicEnglishSocksでも試した、エクスラファインのメリノウールを採用しました、かなり糸を厳選しましたからカシミアのようになめらかで、洗い続けても頑丈です、


記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.



Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階