会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ★六義TimePiece(NEW)    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

SilverSmith008S「欲しかったFob Men`sFriend 掘.僖亜.凜 璽泪ぅ襯凜 璽献腑鵝

GoldenClassic


人生の「愉しみ方」には
「高級」なのと「安易」なのが
あると思う、

紳士というのは「高級」に
人生を愉しむことを
知っている人だと思う、

そして、
時にはお酒とか女の子とか
「安易」なものも
少し齧るともっと愉しい、、

ふ、ふ、ふ、

R.H.

Classic
SilverSmith
RIKUGHI

no. 8

Men`s Friend
Victorian Vermile



8作目です、今回は「ヴァーマイルヴァージョン」を製作してみました、ヴァーマイルとは一種の高級なゴールドプレイテイングです、

通常、メタルや真鍮などにゴールドプレイトする場合は、ニッケルの膜を造らなければならないのですが、スターリングシルヴァーの場合に限っては、このニッケルの膜が無くともプレイテイングすることができます、

そして、直にスターリングシルヴァーの地肌にプレイテイングをすることよって、独特の色合いのゴールドが生まれます、

実は、これは昔のヨーロッパでは活用されていた手法で、純金細工よりも頑丈で量感があり、ある意味で「金ピカ」でなく上品だというので、用途によっては、かえってスターリングシルヴァーのヴァーマイルを指定する「粋人」もいたようです、

特に、今回のヴァーマイルは20kを用いて通常の約2倍の厚さでゴールドプレイテイングをしています、SilverSmithらしい品の良いゴールドが生まれたと思います、

これは、メンバーのKさんの要望で気がついて今回、挑戦してみたのですが、意外に目玉のオニキスが効いて、かえってゴールドの方が表情が出るようにも思いました、

商品名 : SilverSmith008S「欲しかったFob Men`sFriend 掘.僖亜.凜 璽泪ぅ襯凜 璽献腑鵝

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 22,680円 (税込 1,680円)

ポイント : 1

数量 :


ショッピングカートに入れる

さて、今回は「Men`s Friend」第三弾、これも我が家にあったヴィクトリアンのウオーキングステイックのハンドルからヒントを得てデザインしたものです、

前回は「フレンチブルドッグ」でしたが、今回は「パグ」じゃないかなと思います、

小粒ですが、目玉は本物のオニキス、後面にアメジストをひとついれてあります、素材は古式なスターリングシルヴァー925、
例の如く、かなり凝ってつくってあります、

口が開き、そして、後ろに「蓋」があり開くようになっています、中にビタミン剤、或いは毒薬の1〜2粒は入るでしょう、

「単なる型取り」でお終いというやり方ではなく、パーツを幾つか精緻につくっていき、それをまた精緻に組み立てるという凝った仕事です、

オニキスや、アメジストも当然、「ほり留め」という宝飾の技術でセッテイングされています、

こういう「ムーヴィング(動く)仕掛け」のFobは非常に手間と技術がいる仕事で、いまや精緻で味のあるものを造るところは皆無になりました、はなから造ろうとしないのかもしれません、

古の紳士は懐中時計に繋がれた「Fobチェーン」に、こうした凝った仕掛けのFobを潜ませるのを「密かな愉しみ」にしていたのです、
これは、人生のいわば「高級な愉しみ方」です、

人生の愉しみ方にも「高級」なのと「安易」なのがあると私は思っています、

SilverSmith六義」


昨年から、マイペースでジュエリーをデザインしています、私は実は鉱物好きです、

今までも、自分のものとか家族のものをデザインしてヨーロッパでつくらせてきましたが、ここにきて、なんか昔の「シルヴァースミス」って良いなあと思い始めました、

カルテイエやブジョラッテイも良いけれど、ちょっとフェミニン、レデイのものです、男モノも見ましたが、ちょっと違う、といって今風のネイテイヴやバイカーなものも違う、

エレガントだけど紳士にふさわしいものが欲しい、

やはり、ここは古の英国の「SilverSmith」の仕事振りが懐かしく思い出されます、
バーミンハムやチェスターなどには昔は、誇りをもって良い仕事をする頑固な「SilverSmith」がありました、70年代までのロンドンにはそういう工房が小さいけれど実に充実した「木で出来た」(これが大切、昔のロンドンの良い店は良い「ムク」の木でできていた、)店を出したりしていました、

精緻だけど味があって生涯愛せる、そして主人とともにエイジングしていく、そういう紳士のためのジュエリーがあってもいいんじゃないかと思いはじめました、

それで、マイペースでひとつづつ自分でデザインし、仕上げることにしました、

題して「ClassicSilverSmith 六義」、

世界で一番マイペースで、拘りがあるSilverSmith、

第一作は、「Fob」です、私は腕時計はしないのです、それで、懐中時計のチェーンにつける良いチャーム=「Fob」が欲しかった、なかなか良いのがありません、実に我儘ですが、或る意味で、「ClassicSilverSmith 六義」らしいともいえます、第一作を「Fob」から始めたことは覚えておきましょう、

新品の華やかさを好まれる方もいらっしゃるでしょうが、自然なターニッシュが生まれるともっと表情がでると思います、いつも、空気に触れるように外に出しておくと良いと思います、

「Fob」ですが、シルヴァーチェーンをつければ、ネックレスになります、(チェーンの購入についてはアトリエにご相談ください、)、また、ストラップとかアイデイア次第で愉しめます、

古式な銀らしい重量感があります、実は第一作の仕上がりで自信を持てました、
紳士のシルヴァースミス、「ClassicSilverSmith 六義」、どうぞよろしく、、、

マイペースですが、色々つくっていくつもりです、お愉しみに、、

サイズ:  縦約2センチ 横約1.5センチ(耳部分を入れる) 厚さ約1.4センチ(完全な3Dです)

マテリアル: スターリングシルヴァー925

目玉:オニキス
バックストーン:アメジスト   
*ガラスとかラインストーンではありません、本物の貴石です、


記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd.



Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階