会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

ClotheMania009「1960`s Brooks Brothers Maker‘s シルクウールスポーツコート」

GoldenClassic




Classic Clothe
R.H.研究室

no.9

Classic American Style
「60`s Brooks」

Classic American Style
いまでは、死語にちかくなったアイビーリーグスタイル、しかし、どこかノスタルジックな魅力があるのか、今も時折、「ファッション」としてクローズアップされます、

どこか魅かれる、、というのは分かるような気がします、イングリッシュスタイルを起点としながら全く異なった雰囲気に枝分かれしています、つまり、これらはアメリカに育った人、当時のアメリカのファッションに憧れを持っていた人たちにとってはノスタルジィーさえ覚える「象徴」になっているのでしょう、こういうのは、なかなか珍しく、「研究テーマ」としても面白いと思います、

アイビーリーグスタイルのアイコン的存在といえばブルックスです、ブルックスは今は見る影もありませんが、元々はニューヨークのアイビーリーガーを支えたテーラーであり、ハバダッシャーでした、
事実、或る時期までブルックスはニューヨークに在ることに拘り、頑なにニューヨークの2店舗に拘っていました、

50年代〜60年代のブルックスのスタイル、とくに私が思うには「段返りの3ボタンのスポーツコート」には独自の雰囲気があると思います、

商品名 : ClotheMania009「1960`s Brooks Brothers Maker‘s シルクウールスポーツコート」

製造元 : Brooks Brothers

原産地 : 米国

価格 : 54,000円 (税込 4,000円)

ポイント : 1

数量 :


ショッピングカートに入れる

さて、今回は「百歳堂ラボ」から、昔、ニューヨークで手に入れた60年代の「ブルックス ブラザーズ」のシルクウールのスポーツコートを取り出して来ました、ほとんど着た形跡がないミントコンデションです、

タグには「Maker‘s」と記されていて、このタグが付いたものは「外注」ではなくブルックス自体が製作したことを意味します、



Classic American Style
スタイルは、典型的なアメリカのスポーツコートの3つボタン、段返りでナチュラルショルダーの懐かしいプロポーションになっています、


水彩画のような「レモン」や「ピンク(?表しきれない色です)」で織りこまれたシルクウールも、美しくも当時の独特の雰囲気だと思います、
ヨーロッパではなく、今の時代でもない、

内ポケットのなかには、「American Workers」と記されたミシンのマークのタグが縫い込まれています、

このタグは、多分70年代ぐらいまで使われていたもので、アメリカ国内で造られたことを示していて、このタグが付いているものに良い仕立てのものが多いと思います、

Classic American Style
60年代ぐらいまでは、レデイメイドはヨーロッパよりも、アメリカの方が進んでいて、良質だったように思います、

私は、一時30年代のエスクワイアのスタイルを研究する過程で、「ハリス」や「バーナードウエザリル」などのアメリカのテーラーのものをコレクションしたことがあります、その流れで「ブルックス」や「チップ」など、ニューヨークやボストンのアイビーリーグのエリート相手のメンズショップのものも手に入れました、

好みはともかくとして、古のブルックスのスポーツコートは独特で、ビスポークテーラリングとは別の次元で文化的に面白いと思います、

Classic American Style
サイズは、タグにはアメリカサイズの42LG(サイズ42の着丈の長いロングサイズ)、ユーロサイズだと52になると思います、

全く、オリジナルのまま、アルタネーションもしていません、


日本人の場合、袖など修理が必要だと思います、

「Clasic Tailoring」の項では、或る意味でその時代の象徴的なヴィンテージクローズを仕立ての良いものに限ってご紹介します、

殆どが未使用か、それに近いコンデイションです、

ただ、ポロセーターなどはサイズが少々違っても着こなせますが、テーラードはサイズが重要です、
お近くの方は、アトリエでご試着されることをお勧めいたします、
ご遠方の方は、メールを頂ければサイズのアドヴァイスなどを出来ると思います、





記事の無断転載、画像の無断複写を禁じます。
copyright 2013 Ryuichi Hanakawa and Rikughi Co.,Ltd


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階