会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

ClassicHat090S「 1960‘s 防水シルク(傘用)のシャープ ポークパイハット 」

bespoke classic
六義
RIKUGHI

Art&ClassiC
「シャープ ポークパイハット」




1960年代の英国で「傘に張る布=キャノピー」として織られた絹で仕立てた「ポークパイ ハット」。極めて緻密に織られた絹は、独特の風合いをしている。(ただし、現在のように「化学的」に撥水加工をしているわけではない、あくまで「織りの緻密さ」での防水なので「完璧な」防水とは言い難い、紳士は土砂降りの雨のなかを歩くとは思えない、、、)

「ポーク パイ ハット」というと、1950年代のクールなスーツを着こなしていたジャズメンを思い出す。ジャズが最先端の音楽であった時代だ。マイルス・デイヴィスが次々に我々の予想を軽々と超える音楽を創りだしていた時代、その端正なスーツ姿が時代のアイコンであった。若者は感性がナイフのように研ぎ澄まされた風貌に憧れ、細いラペルのタイトなスーツにブリムがクラウンにピッタリ寄り添ったポークパイハットを好んで被った。







ブリムのそり具合、クラウンの高さが肝心なところで、ベストなスタイリングのポークパイはマイテイだ。どんな装いにも似合い、ポークパイハットだけが持つクールでモダンな表情を生み出してくれた。ポークパイハットで想い出す伝説的な人物がもうひとり、1980年代の英国の伝説のファッションスタイリスト、「レイ・ペトリ」である。レイ・ペトリは「I-D」や「The Face」、「Arena」など最新のファッションマガジンを舞台に我々の予想を超えた刺激的なファッションスタイリングを次々に生み出した。そして彼の頭上には常にポークパイハットがあった。  

80年代のファッションスタイリングに大きな影響を及ぼしたレイ・ペトリは惜しくも41歳でエイズで逝った。「The Face」のレイ・ペトリ追悼号では木製のアンテイークな帽子スタンドに彼のポークパイハットがひとつ残された静かで美しいモノクロの写真が巻頭を飾っていた。












商品名 : ClassicHat090S「 1960‘s 防水シルク(傘用)のシャープ ポークパイハット 」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 16,200円 (税込 1,200円)

数量 :


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階