会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

FavoriteShirts001S「クリスチャン ラクロア ポートベロー」

bespoke classic
六義
Art&ClassiC
「クリスチャン ラクロア 
ポートベローシャツ」

 ★


クリスチャン・ラクロアが現れたときその見事な「色彩感覚」に目を奪われたものだ。
ラクロアは親友でもある当時、エスモード・パリを主席で卒業してすぐにエルメスのチーフデザイナーに就任したエリック・ベルジュールとともに次世代のパリファッション界を担う「アンファンテリブル」とラクロアは喧伝された。

ラクロアはアルルで生まれた。ラクロアの色彩にビゼーの歌曲「アルルの女」で有名なフランス南部のジプシーや闘牛士の情熱の影をみるのは私だけではないだろう。

ラクロアは妻のアドヴァイスでパリのファッション界にのりだし、次々に賞を獲得していく、

とにかく「他に類のない」才能は耳目をあつめ、ついにLVMHを率いるベルナール・アルノー自身にその才能を惚れ込まれ、異例の扱いでデヴューすることになる。

いくら才能があっても自分自身の名前でブランドを立ち上げ、しかもサンローランの登場以来、何十年ぶりかで新人がオートクチュールを発表するという待遇は「ラクロアのデッサンをみたとき天才だと思った」というアルノーの特別な後押しがあったからだろう。

その期待に応えてラクロアは「金の指貫き賞(デ・ドール賞)」を受賞する。

自身の香水「セラヴィ」、「バザール」などを発表する、コレクションを発表するたびにファッション誌をさわがせ、絶賛をもって迎えられるラクロアは一見、順風万帆にみえたが、厳しいファッションビジネス界においては「投資にみあった売り上げをあげていない」と判断され続けていた。

そしてついにLVMHはラクロアを売却する。

ラクロアはどんな気分だったんだろう、

幸いなことにラクロアはエリック・ベルジュールや昔からの友人に恵まれ、最近では「スキャパレリ」を復活させ、エビアンの「限定ボトル」をデザインするなどパリはまだ彼の才能を認めている

そしてラクロアはサヴィルローで自分自身のデザインした「捻ったビスポークスーツ」を注文するのを愉しみにするほどの「お洒落好き」だった。クラシックだが捻ってある。そして研究熱心だった。

このシャツは多分、ラクロアが「スインギングロンドン」のグラニーやブレイズを研究した結果、自分で着たいものとしてつくりあげたのだと思う。

カラフルなわりにシックに納まる、それがとてもラクロアらしい。ところどころに英国に対するリスペクトが隠されている。

商品名 : FavoriteShirts001S「クリスチャン ラクロア ポートベロー」

価格 : 37,800円 (税込 2,800円)

数量 :

ショッピングカートに入れる


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階