会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

ClassicTie009S「 ギャリック タイ ジェントルメンズクラブ仕様」

bespoke classic

六義
RIKUGHI
Art&ClassiC
「ギャリック タイ 」



 ★


「ダークネイヴィー スーツ」に最も似合う「クラブタイ」といえばこの「ギャリック タイ」しかない。 「オールドピンク」と、「捻ったグレイ」のダブルストライプのタイは何とも表現しきれない「英国的」なエレガンスを漂わせる。

この1930年代の愛すべきラブコメデイ「Devorce of Lady X」でラルフ・リチャードソン扮する気の良い大貴族の着こなしをみてほしい。
フルカットのクラシックスーツのお手本のようなネイヴィーの三つ揃いにぴったりと「英国的」に納まっている「ギャリックタイ」。これは英国そのものといえる装いであり、イタリアでもフランスでもドイツでもない。

まさに古き良き時代の英国そのものであり、それが私を魅きつけるのだ。

このタイは英国最古のジェントルメンズクラブのひとつである「ギャリック クラブ」(1831年創立)の「クラブタイ」(ただし、ピンクもグレイもワタクシ流により「大英帝国」的に少し「捻った」色出しにしてある。)である、

「ギャリック クラブ」といえばかの文豪デイッケンズをはじめとして英国文学、ジャーナリズムの「総本山」ともいうべきジェントルメンズクラブでロンドンの我がクラブとはアフリエイトクラブの関係にある。「ギャリッククラブ」はアスコット競馬が催された際にギャラリーコートに「テント」がだせる「限られたクラブ」のひとつで、我々はこの目にも鮮やかなピンクとグレイのクラブストライプのテントでお茶やランチをゆったりと愉しむことになっている。

そしてロンドンのコベントガーデン近くにある「ギャリッククラブ」自体がいまや希少になった「古き良き英国」を感じさせてくれる宝物のような場所である。膨大なアートコレクションでも有名で私はこのクラブを訪れるのを愉しみにしている。



ギャリッククラブのメンバーにはローレンス・オリヴィエ、ジョン・ギールドッグがいる。 ちなみに、ラルフ・リチャードソンはロンドンの我がクラブのメンバーだったが、実は「ギャリッククラブ」のメンバーでもあった。















































商品名 : ClassicTie009S「 ギャリック タイ ジェントルメンズクラブ仕様」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 22,680円 (税込 1,680円)

数量 :

ショッピングカートに入れる


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階