会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」



bespoke classic 
六義RIKUGHI 
Art&ClassiC 
「リヨンのオートクチュールシルク」


1930年代にリヨンで織られたオートクチュールシルク、「RED ROOM」コレクションの中でもこれは「ミュージアムピース(博物館級)」である。
ただ発見したときはせいぜいボウタイが仕立てられるほどの「破片」しか残っていなかった。
「組織」はベルベットを思わせるが、それよりもっと毛先が短い、「モールスキン」とも違う。解析不能である。そこに多分、手織り或いは手刺繍が施されている。贅沢なものだ。
そして「糸」が良い。綿あめのような上質な絹糸が使われている。極細の糸をぎっしり織りつめているのだ。
あるとき「ベルサイユ宮殿」のカーテン、壁紙、椅子などにはられる絹布の修復を専門にしているリヨンの工房にこの布を見てもらったが博物館級の織りでとくにランダムな刺繍を復元するには手織りでこつこつ復元するしかないだろうといわれた。 デイオールの当時のオートクチュールの夜会用のケープにこれに似た素材が使われているとのことだった。
bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」
bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」 bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」
bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」

商品名 : bowtie066S「1930年代のリヨンのオートクチュールシルク」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 22,680円 (税込 1,680円)

数量 :

ショッピングカートに入れる


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階