会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■永遠のクラシックワードローブ    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ■クラシック ポケットスクエア    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 椛川劉一の靴  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

bowtie69S「 The Classic Bow Tie チャーチルのボルカドット」



BR>
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「THE CLASSIC BOW TIE」







第二次世界大戦後、ウインストン・チャーチルのボウタイほど「英国人」を現す「代名詞」になったものはない。

正しくイングリッシュネイヴィーのポルカドット。そのポルカドットもつまり過ぎず余裕をもって配置され、もちろん自分で締める「セルフタイ」、チャーチルの場合は、その結び目が本人の朗らかな性格上からなのかちょっとズレていてかえってそれが味になっていた。

それと大切なのはボウタイの「幅」である、ボウタイの幅は背広のVゾーンからはみ出さないように少し「小ぶり」ぐらいなのが正しい。このことに言及する人は少ないが、これが本来のクラシックなボウタイの「大きさ」である。はじめから結び目のできているボウタイが出始めてからやたら大きくなった。





六義小石丸で織りあげた「ポルカドット」は正しくチャーチルの頃の正統である。ポルカドットの色も「白」ではなく落ち着かせるために微妙に「ヴィンテージエクリュ」をかけている。

緯糸に通常の2倍の糸を織り込んだ「当時のへヴィーシルク」である。六義小石丸はまるで形状合金のように形を保持するので結びやすく、形がつくりやすいと思う。

商品名 : bowtie69S「 The Classic Bow Tie チャーチルのボルカドット」

製造元 : 六義銀座」

原産地 : 銀座東京

価格 : 19,440円 (税込 1,440円)

数量 :

ショッピングカートに入れる


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階