会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

RikughinoObi007S「  正倉院間道 」

六義の帯




手織り手紡ぎ草木染め

六義の帯
no.7


×
「古代間道を探る」
正倉院間道
 

 




「間道(かんとう)」とは縞の織物のことを云う。
縞といってもシンプルなストライプから錦織りが縞模様に織られたもの、縦縞、横縞、格子、絣までをも含んで「間道」という。

茶人は「間道」を好んだ。

「間道」の由来のひとつに、もとは中国広東州の絹織物だったからそれに「間道」の文字をあてたといわれ、

唐物(中国のもの)の茶入れの仕覆には「間道」を用いることが多い。

それを始めたのは千利休だとされている。

「天下の四茄子」といわれる茄子型の名物茶入れのうち三つまでが間道の仕覆につつまれている。



「間道」は古代的であり、かつ「モダン」だと私は思う。

利休がどうしてこの文様を好んだのかは分からないが、

多分、間断なく織り詰められた錦織りに比べ、

織りと織りの間に「隙間」のある間道に奥ゆかしさを見たのではないだろうか。

私も「間道」の古代裂れを見つければあつめるようにしているが、

「間道」はなかなか奥が深い。

今回は「正倉院間道」を帯に復元してみた。

天蚕の色をもっと渋くしたような翡翠色。

この翡翠は男のきものに合わせやすい。

しかし渋い翡翠色の男の帯なんて無かった。スピタルスフィールドのタイもそうだったが、どうして欲しいものほど無いのだろう。重宝するだろうに。

正倉院に残る間道では「太子間道」が知られていて、

ときどき女の人の帯でみかけることがある。

精緻な「太子間道」は素晴らしいと思うが、男の帯には不向きかもしれない。

今回は横段の模様を基本に締めたときにちょうど見える位置に格子をからめたより複雑な間道模様を織り込んだ。


織りは織手の技量に左右される。

この「間道」の織機・織手の技量は素晴らしい。

これは巧妙な織物なのだ、

利休が好んだように茶席に似合う。

端正な帯であり、端正というのは趣味の抑制が効いているということではないかと利休のことを思う。





商品名 : RikughinoObi007S「  正倉院間道 」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 91,800円 (税込 6,800円)

ポイント : 1

数量 :

ショッピングカートに入れる































Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階