会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

bespokeClassicHat015S「1930`s Black & White hat」

bespoke classic
六義
RIKUGHI

Art&ClassiC
「1930`s Black & White Hat」
”無帽な男”


 ★



多くの人が「帽子」について誤解している。 「帽子」には「実用のもの」と「社交のもの」がある、漁師や農民たちの生活道具としての帽子や狩猟や乗馬などで身を守るために必要な帽子に対して「都会の帽子」は社交のための「装い」の一部である。 かつて紳士は帽子と手袋(加えるならばウオーキングステッキ或いは英国ならば細巻きの傘)をもたずして外出もままならなかった。 無帽の男はまさしく「無謀」な輩として紳士とはみなされなかったのである。








私の記憶だと、からくも1980年代まではロンドンの街角やハイドパークでボウラーを誇らしげに被り細く巻いた傘を独特のリズムで地面に響かせて歩く紳士の姿に一日に数回は遭遇した。 それが90年代にはいると残念なことにボウラーはもはや社交行事以外に見ることも適わなくなった。 実にもったいないことだ、ボウラーほど英国人に似合う帽子はないと思うし、英国人も自分の国以外の人間がボウラーを被るのを心の底から「嫌悪」していると思う。








それからの「帽子の運命」は皆さんの知るところである。いまやまともな「紳士の帽子」など存在しない。 「帽子を被った方がハンサムで上品に見える」なら誰しもが帽子を躊躇なく被るだろう。しかし、帽子屋は単なる帽子市場のことしか考えていなくて、日本人の大きい顔に似合うクラウンやブリムの形状さえ発見できてはいない。 装い全体としてのバランスなど眼中にもない。 「都会の帽子」は装いに溶け込まなければならない。








さて、今回は1930年代に「羽のように軽い」と評判になった都会の帽子である、ハウンドツースを思わせるブラック&ホワイト。 実はこの帽子、帽子職人の倉庫の隅っこに忘れ去れていた1930年代の「紙(paper)」で編み上げられている。だから軽い、そして心地良いしなやかさ。 我が国でも紙を糸のようにして織る帯や紙子とよばれる紙の着物があるが、通気性がよくこのやわらかさは被り心地がとても良いだろう。 そして歴史的価値さえある19世紀のシルクのグログランで「おばあちゃん職人さん」がひと針、ひと針縫って仕上げたリボンは「傑作」だ、威厳がある。これだけで紳士の帽子としての品格がある。








商品名 : bespokeClassicHat015S「1930`s Black & White hat」

製造元 : 六義銀座

原産地 : 銀座東京

価格 : 34,560円 (税込 2,560円)

数量 :


Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階