会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■永遠のクラシックワードローブ    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ■クラシック ポケットスクエア    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 椛川劉一の靴  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [椛川劉一の靴] [R.H. 「研究ノート」]
 
R.H. 「研究ノート」
 
 
 
 
番号 : 7527カフスマニア 「テリー カフス」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.07.18 16:06  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「テリー カフス」



 ★































 
 
番号 : 7526「バチュラー ハウス」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.07.16 13:34  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「バチュラーハウス」



 ★




その昔、といってもつい最近までロンドンのメイフェア界隈には「洒落た独身者」専用のタウンハウスというのがあった。これを英国では「バチュラー アパートメント」、通称「セッツ(sets)」と呼ぶ。

なかでもピカデリーにある「Albany」はロンドン中で最もプレステイジャスで「秘密」の独身モノの隠れ家であった。アルバニーにはバイロン卿からオルダス・レナード・ハクスリー(60年代の意識革命に大きな影響を与えた著述家、ハクスリー家は著名な科学者を多数、輩出した英国の名家である。)、ポーリン・ロスチャイルド(女性としては初めてベスト・ドレッサーの殿堂をはたしている。そう、アルバニーには時代を代表する女性の独身者も住んでいた。)、そしてスノッブに輝いていたころのテレンス・スタンプなど貴族、芸術家、政治家、評論家、学者などその世界では際立って「洒落ていた」独身者が集まっていた。










 
 
番号 : 7525RED ROOM COLLECTION 「英国のクラシック ガンクラブチェック」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H.. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.07.12 15:20  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「ガンクラブ チェック」



 ★




最も英国的な生地のひとつ、本物の「ガンクラブチェック」はちょっとノスタルジックで忘れがたい味わい深さをもっている。この生地の本質は「ハイツイスト」(驚くべき撚糸で皺が一切寄らない、だから一般的な英国人は一着はガンクラブのスポーツコートを持っていて、田舎でも都会でも「夏」でさえ毎日着ていた。)にある。


この様々な色(遠目にはグレイに見えるが、意外に多色づかいである。)のハウンドツースで構成された「ガンクラブ チェック」も直立するかと思うほどのハイツイストで、これが本物である。生地の端にも「TWIST」とわざわざ織り込んでいるぐらいだからその質は保証されている。

この「ガンクラブチェック」というものはは生涯にわたって付き合うべき生地で一生、或いは次世代にかけて着こなしてゆく一着である。いかにも古の英国気質である。21世紀の現代の英国ではどうなんだろうか?1970年代のロンドンではさきほど述べたように街に出かければ季節にかかわらず必ず一着は見かけたものだが。





















 
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階