会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [My Shoes] [R.H. 「研究ノート」]
 
R.H. 「研究ノート」
 
 
 
 
番号 : 7453「ホワイトルーム コレクション  KINGS 王様のボタン 傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.01.23 21:28  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「Kings」







 ★















 
 
番号 : 7452「パーフェクト ビスポーク クラシック タイ 本繻子 21世紀の蒼 傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.01.23 21:21  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「21世紀 ブルー」







 ★




ついに理想のタイが完成した。その名も「21century blue」、21世紀の青いタイ、 「春嶺」と「鐘月」、ふたつの日本原産の繭をかけあわせた5Aという驚くべきクオリテイーを誇る絹で織られた「本繻子」のタイ。この絹の質はあきらかにいま「世界一」といえるだろう。


私はこの絹である青いタイを織ってみたかった。それは60年代のカルトTV「The Avengers」の初のカラーシリーズでステイードが締めているタイ、ダークネイヴィーのスーツにダークネイヴィーのタイと思いきやほんの少し蒼みが効いているのだ。これが実にヒネリと気品が際立ってこれしかないと思えた。

当時の10代の私はジャーミンストリートからリトル プリンスアーケードまでくまなくロンドン中のハバダッシャー(紳士服飾雑貨屋)を探しめぐったが出会えなかった。

そしてそれから半世紀がたち、幸いにも私は自分でタイを糸から選び織り上げ、手縫いで縫えるようになった、もちろん自分じゃできないが100%、自分の意志を貫きとおせる。神様、ありがとう!

というわけで、これが紳士にとっての理想のタイである。無地のタイならこれ一本もっていれば良い(とくにブルー系のスーツを着るなら、チャコールグレイ、アンセラライトグレイ、黒なんかも良いネ)

「絹の質」、織りとしては最高の「本繻子」、40年前の繻子を凌ぐ、そして名人の仕立て、今世紀の至宝というべき「手縫い」である。

 
 
番号 : 7451「ホワイトルーム コレクション  19世紀の名門ボタンメーカー ファーミンの傑作 ロイアルスクォードン バルカナイト ボタン 」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.01.22 21:24  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「 ロイアルスクォードン バルカナイトボタン」







 ★




「ファーミン」はガントとともに19世紀に全盛を誇った名門ボタンメーカーである。 惜しくも20世紀前半で門を閉じてしまうが宝石にまけないほどの精緻で美しい「傑作品」を数多く生み出している。

その「傑作中の傑作」がこの「ロイアル スクオードン」のバルカナイトボタンである。メンバーならご存知のはずだが、「バルカナイト」とは「硬質ゴム製のボタン」のことで、プラスチックが発明されるまでの極く短期間のみ製造された。その艶消しの深い漆黒のボタンはネイビーブレザーなどに合わせるとメタルボタンとは一段、気品の異なる風情を醸し出す。

とくにこの通称「アンカー ロイアル スクオードン」(アンカーのまわりに鎖模様がアイヴィーのように飾られている)は傑作の名が高く、数も少ないらしくマニアでも本物を手に入れている人は少ない。









 
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階