会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [My Shoes] [R.H. 「研究ノート」]
 
R.H. 「研究ノート」
 
 
 
 
番号 : 7470「パーフェクトプロダクション シーアイランドコットン ClassicBespoke"Mayfair"Shirts修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.03.23 14:25  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「メイフェア シャツ」









 ★




バストだけをホリゾンタル(ボーダー柄)にしたシャツを「メイフェアシャツ」という、大胆なようにみえてこのシャツは「19世紀」より1970年代前後までメイフェア(ロンドンの中心地)における代表的なクラシックシャツであった。


1950年代のエスクワイア「イギリス特集」においてもエリート青年貴族の棲家である高級タウンハウス、アルバニーからでてきた紳士はダブルブレステイッドのストライプスーツにボウラーハット、そして目を凝らして確かめると薄く細いブルーストライプの胸だけホリゾンタルになった「メイフェアシャツ」にクラブタイを結び、いままさに胸元にブーツニエールを挿そうとしている。
















シャツは「アナトミー」である。「型紙」のレベルでは現しきれないクラブメンバーNさんの身体に「立体的」に即した真にプライヴェイトなシャツ。






 
 
番号 : 7469「パーフェクトプロダクション 世界一の手袋 ビスポーククラシックグローブ 傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.03.20 10:45  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「世界一の手袋」









 ★




「バターのような柔らかい革」という表現があるが、これはそれ以上である。「スペイン原皮」の「スペイン鞣し」。1960年代に「革のクチュリエ」として名を馳せていた「ロエベ」が特別に鞣させたものらしい。

ブラウスかジャケットか、何を仕立てンだろう、どちらにしても最上のカシミアのように溶けていく。この感触は手袋になったときどう精神的に転換するのであろうか、これこそ天が与えた最上の服飾品、最高の紳士のもちものと云わざるを得ない。






























 
 
番号 : 7468「パーフェクトプロダクション キルトタン エレファントシューズ 傑作」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.03.18 12:38  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「キルト タン」









 ★




エレファントの味わいは、不定形に刻まれた傷跡のような天然の模様とその質感にある、これがツイードとか、クラッシックフラノと抜群に相性がヨロシい、チョークストライプの気取ったタウンスーツにも、これを合わせればひと味捻りが効いてチョット年季のはいった「着慣れた」風に映ってボックスカーフの黒のオクスフォードとは印象がくるりと変わる、布地の質感と相性が良いのだ、

しかも、イージケアですこぶる頑丈、多分、世紀を耐えて生き続けてくれる稀にみる「100年素材」なのだ、

スタッグやディアスキン、リバースカーフよりも表情豊かな深い「声」をもっているこれほど布と相性の良い素材を、何故みんなもっと活用しないのか不思議でならない、



クラブメンバーKさんは、ヴェルヴェットのように頬ずりしたくなるような最上質のエレファントを活かし、ホールカットに仕上げ、ノルヴェージアン、そして取り外し可能な「キルト タン」をつけた。


「キルトタン」というのはフリンジのついた砂よけで、昔のゴルフシューズにはよくつけられていた。このキルトタンがとても良い。しかも同素材のエレファントと黒のボックスカーフの2種類を用意したセンスには脱帽する。ちなみにライニングは「オレンジ」である。




















 
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階