会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    ■ みらい    
         
    ■ THE VERY BEST of 六義    
         
    ■21世紀のワードローブをつくる    
         
    ■Ryuichi ファクトリー| 新たなる工房    
         
    テレンス ザ・テンペスト モンタギュー伯爵コレクション    
         
    アイコニックなシャツ|The Classic Shirts    
         
    ■ClassicSilverSmith六義DELUX    
         
    ■ Braces| Bespoke Braces    
         
    ■bespoke bowtie/ボウタイという選択    
         
    ■R・Classics|六義クラシックス(NEW)    
         
    ■ Bespoke Classic Tie | クラシック タイ「私家版」    
         
    ◆For the Dandy`s House| ミクロコスモスとしての室内装飾(NEW)    
         
    ■RyuichiJapan(New)    
         
    ■Ryuichi眼鏡    
         
    ■Ryuichi書林    
         
    ■六義×京都    
         
    ■織り匠 六義    
         
    ■ 六義の帯    
         
    ■ 三丁目チーム    
         
    ■ The ClassicGinzaHat     
         
    ■Bespoke TOTOE    
         
    ■クラシックハバダッシャー@アーカイブの「傑作」(NEW)    
         
    ◆Classic Umbrella|紳士の雨仕度    
         
    ◆BespokeClassicHat|紳士の帽子    
         
    ◆六義 OLD KNITTING MILL    
         
    ■六義 オークションハウス    
         
    ■Bags & Luggages,and shoes 「革を追求する」    
         
    ■ClassicClotheLabo | クラシックの黄金期 研究室    
         
    ■Vintage Tie | ヴィンテージ タイ     
         
    ■The Art of Cuffs Links | カフリンクス マニア    
         
    ■The Art of Pocket Square | ポケット スクエア    
         
    ■Classic Crew Scarves| クラシック クリュー スカーフ    
         
    ■ClassicEnglishSocks|クラシックソックス    
         
    ■「失われた時を求めて」    
         
 
 
  
 そば食い  
 パワーフード  
 テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵  
 The Object  
 ごちそう帖  
 百歳堂TODAY  
 我が心のきもの  
 王様のたまご  
 My Suits  
 My Shoes  
 R.H. 「研究ノート」  
 
 
 
    03-3563-7556
 
  メールはこちら
 

[そば食い] [パワーフード] [テレンス ザ・テンペスト モンタギュー 伯爵] [The Object] [ごちそう帖] [百歳堂TODAY] [我が心のきもの] [王様のたまご] [My Suits] [My Shoes] [R.H. 「研究ノート」]
 
R.H. 「研究ノート」
 
 
 
 
番号 : 7497ヨーロッパ偏屈日記   「グルジア」修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.05.24 15:48  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「グルジア」






 ★




グルジア(正式にはジョージア)はコーカサス山脈の南麓、黒海の東岸にあり北側にロシア、南側にトルコと隣接する古より東西南北、数多くの民族が出会い交わるジャンクションとして栄えてきた。

この美しい街の歴史は紀元前6000年までたどれる、グルジアの歴史はあふれるほどの富と文化と芸術そして数々の権力者とその栄華盛衰を生み出し興味がつきない、

しかしグルジアは過去の街ではない、例年メルセデスベンツがスポンサードするファッションショーが催され、世界中から注目されるクリエイテイヴの先進基地でもある、ファッション界でいま最も注目されるデザイナー、デムナ・ヴェザリアもグルジア出身だ、ヴェザリアはバレンシアガのアーテイステイックデイレクターとしてハイブランドにモードとストリートが共存するオルタナティブな新境地を導きいれた、自身のブランドである「ヴェトモン」もわずか数シーズンで熱狂的なファンをもつカリスマブランドに育てあげた。




「Kvevri」と呼ばれる土器を使ったグルジアのワイン製法はユネスコ無形文化遺産に指定されており約8000年の歴史がある世界最古のワイン生産地でもある。

ロシアの文豪アレクサンドル・プーシキンはグルジアワイン「ブルゴーニュ=ワインに匹敵する」と評した。
































 
 
番号 : 7496クラシックスーツの着こなし  ドビーストライプ修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.05.24 11:30  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「ドビーストライプ」






 ★




 
 
番号 : 7495クラシックスーツの着こなし  タウンウインドーペインのダブルブレステイッドスーツ修正 削除
 
  書き込みをした方 : R.H. (rikughi@ozzio.jp) 日付 : 2019.05.21 23:32  
 
 
 
bespoke classic
六義RIKUGHI
Art&ClassiC
「グレイのタウンウインドーペイン」






 ★




タウンスーツとして積極的に「ウインドーペイン」を「活用」しはじめたのはウインザー公です。 公は「この格子柄の連続」がやや太り気味の体形の人をスマートにみせ、一方でボリュームのない体形の人もまた豊かに見せるという相反する効果をあわせもつことに早くから気がついていました。

ウインドーペインの縦長の「長方形」は背を高く見せ、かつそのホリゾンタルラインの重なりは服自体を立体的に豊かにみせる。

公はグレイの地模様のあるタウンスーツ用の上等のウーステイッドでエレガントな「ウインドーペイン」スーツを何着か仕立てています。

公の好みの着こなしはエクリュシャツに繻子のボウタイかタイ、そして足元は黒いウインザーローファーに公らしいホリゾンタルのホーズ(1930年代当時、スーツにホリゾンタルストライプのホーズを合わせるのは「お洒落で紳士的な」コーデイネイトとして市民権を得ていた。ちなみにホリゾンタルの靴下をはいてくつろぐゲーリークーパーの写真も有名である。)、スーツの仕立てはあくまでクラシックなフルカット。

これはかなり上級者用の「タウン スーツ」です、ゆえにそれにふさわしい上等な生地そのものが発掘しがたい。一見、ありそうに見えて無いというパターン。グレイの濃淡のある地模様に意外な色のオーヴァープレイド、しかし糸がすこぶる上等なエレガントなウーステイッド、、、なんて滅多に出会うはずがないと思いませんか?


しかし、RED COLLECTIONをひもとけばワタシは2着のふさわしき「ウインドーペイン」を発掘しています。

ひとつはグレイの濃淡に美しいブルーのオーヴァープレイドの当時としては珍しいsuper100`sの約320gの緻密に織られたタウンウーステイッド、英国では通年着られるウエイトです。

そうしてもうひとつはちょっと珍しいsuper120`s&カシミアのグレイの微細な濃淡(設計がうまい!)になんとトープベージュのオーヴァープレイドの名作。頑丈に織られたタウン ウーステイッドですが糸が抜群に良いので底光りする光沢があります。落ち着いていてしかもエレガントにツイストのあるタウンスーツが仕立てあがるでしょう。





ウインザー公が着ていたスーツに近い柄、1980年ごろに織られたもので極めて良質なsuper100`sの「糸」で織りこまれている。ウエイトは320g、生地感も含めて英国ならば一年を通じて活躍するだろう。

地色のグレーのぼかしが素晴らしい。これだけでかなりの糸数と複雑なジャカード技術を使っていることがわかる。蒼いウインドーペインはツイルで織られていて少し「幅広」なのだが適度なぼかしがあってスーツに仕立てたとき馴染んでいくだろう。


生地として「ランク」が高い。洗練されている。ウインドーペインのダブルブレステイッドのクラシックスーツにまさにふさわしい名作である。


















ウインドーペインのなかでも、これは名作中の「名作」。

super120`s&cashmereの糸で織られていて「より洗練された」ラグジュアリー感が半端ない。

とにかくsuper120`s&cashmereの糸が素晴らしい。かなり打ち込みの強いクラシックな織りだが、それでも良い糸だけがもっている底光りのする光沢が生地をひろげるとわきあがってくる。本当に上質な生地だと思う。

オーヴァプレイドはミルの表記では「ピンク」なのだが、クラシックな「トープベージュ」(キャバルリーツイルの理想の色とされるピンクがかったベージュ)というのが実際に生地を見たときの印象だ。

ずいぶん贅沢でデイグニテイーのある特別なクラシック ウインドーペインスーツに仕立てあがるだろうなあ。愉しみな一着である。




 
 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
 
名前タイトル内容   
 
 

Copyright © 六義 CLASSIC haberdasher All Rights Reserved.   03-3563-7556
商号名 : 有限会社 六義   代表 : 藤原充穂
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 東京都中央区銀座一丁目21番9号箱健ビル1階